スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム音楽の続き 

 FF12の曲はどことなくホルストかも?曲数が多すぎて全体的に作風に偏りがある気もします。が、生オケのオープニング曲とボス戦がかなりかっこいい!所詮はゲーム音楽と侮る無かれ。ちなみにあのFF5の「ビッグブリッジの死闘」のオケアレンジ版も入ってたりしますw

 いやはや改めてクラシック作曲家を尊敬します。作ろうと思ってもそう簡単にはいかない。1人でなんでもできるようになったこの時代でも音楽や絵を真に創作するのはやはり技術だけではどうにもならん。もはや遊びで作れる領域ではない。そう感じる今日この頃です…
 鬼才シモデン氏には期待してますよ!w

 さて、ゲーム音楽関連ですが皆さん新作のFF13はご存じでしょうか?
ff13

こちらにトレーラーがあるのでまだ見たことない人はどうぞ。

 このバックに流れてる曲はスクエニの浜渦正志氏のものです。FF10でメジャーデビュー?して以来ファンなのですが、この方はクラシックとポップを上手い具合に融合させゲームらしい音楽に仕上げるのが非常に上手い。FF10のラスボスの曲は見事なピアコンで鳥肌もんですよ。最近のスクエニの作品は外見ばかりで中身がないと良く言われますが外見のレベルが半端じゃないのも確か。映像だけでなく音楽も進化させていく方向は決して間違っていないと思うし、ゲームそのものを映画以上に贅沢なコンテンツに仕立ててしまおうとしている。ここに複雑なゲームシステムを持ってくるとマニア向けで終わってしまうのがオチなんだけど…

 何はともあれ最近のゲーム音楽は下手なJ-POPよりクオリティが高く、宣伝の仕方次第で今後はもっと表舞台に出るようになるかもしれない。

<追記>
http://www.i-mezzo.net/log/2006/06/06231132.html
FF12のサントラがオリコン初登場7位らしいです。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kinzaemon.blog37.fc2.com/tb.php/59-c8e1f4c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。