スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーウォーズ 

*以下、この映画をまだ見てない人や見て面白かった人は読まないほうがいいかも

_DSC1771

夏も終わった今日この頃ですが、満足度100点とか言われてるサマーウォーズを池袋で見てきました。

はじめっから人格否定するわけではありません。

ありません。が、一言。

「これで感動できる人は普段何に感動を覚えるのでしょうか。」

ある意味いろいろと考えさせられる作品です。ある意味で。
おそらく賛否両論はっきりする映画だと思います。

映画はエンターテイメントと割り切ってしまえばそうです。
特にアニメの場合は文学的要素を求められてるわけでもないと思います。
そんな自分も決して高尚な目を持っているわけじゃありません。
面白ければいいんです。
終わった後、面白かった!と素直に言えればそれで良いんです。

ただ、このサマーウォーズが終わった後の空気感はなんともいえないものがありました。
決して悪い作品でもないし、面白くなかったわけでもないです。
映像的な演出は凄いし、作画も良い。決して手抜きをしてるわけでもない。

なのに、これほどまったく感情移入できないと感想も述べられないわけです。
これがアメリカ映画だとそういうもんだと納得できます。
ただ、この作品の場合日本らしさを全面に押し出して洋画っぽい(悪くいうと安っぽい)、しかもアニメときたもんだから見ているだけで恥ずかしくなってくるわけです。

そういう認識の下で、その欠点をフォローできるだけの評価がされれば良いのですが、かねがね評判は良いだの、満足度が高いだの、日本のアニメ最高だのと簡単に持ち上げてしまうのは逆に制作スタッフに失礼なんじゃないかと思うわけです。
クリエイターってのは叩かれて叩かれてなんぼのもんです。
もっぱらこの映画が良いと思う人はそのまま流れに乗って、そのまま心を動かされて、そのままキャラクターの言葉に従っていけるある意味純粋な人なのかもしれません。
なぜそうなったのか考えず、表示されるものを素で受け止められるというのもなかなか高度な業です。
もっとストーリーの流れとか、成り行きとか、感情とか、そういう部分も見ると決して褒められた出来ではないのは明らかです。
これを見て泣いたという人にはどこに泣き所があったのか小一時間問い詰めたいほどです。
逆に泣けない自分の何が問題なのかを教えていただきたい。

絶賛している人には申し訳ないですが、個人的にこの作品は陳腐としか言いようがないです。
全体的に美術やデザイナーが優れていて彼らが本当に表現したいものがわかるだけに、それを生かしきれていない細田監督には是非とも猛省していただきたい。

<P.S>
自分の意見にかねがね近いのはこの方でしょうか。
より具体的につまらない原因を書いてます。
と思えばこういう方も中にはいるのです。
本当に意見が間逆なので面白いです。
つまり思いは人それぞれということ。
メディアが安易に満足度100点とかいったら駄目ですよ。

Comments

僕も見た!
かなり期待して行ったけど、見終わって何も心に残らなかったわ。
残念。

同じく期待してただけに裏切られた気分だったよ。
楽しく見る分ならかまわないんだけど、やっぱ映画となるとそれ以上のものを求めるわけで…
せめてヒロインだけでももっと人間らしくして欲しかったw

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kinzaemon.blog37.fc2.com/tb.php/316-d690667d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。