スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式+生命の誕生=? 

先週の「いい夫婦(11/22)」の日はtksr氏の結婚式でした!

なんかこう昔から知ってる友人同士の結婚というのは格別に美しいものです。
自分にとっても人生初の参加でしたがそれはもう感動あり、笑いあり、演奏ありの充実した時間でした。
お婿さんと一緒に、いつものメンツで演奏できるとかこんな特典も学生ならではと思いました。
音楽は最高のエンターテイメントですね。

結婚そのものも大変なのに式の準備とかそりゃもう色々大変なんだろうなぁと見ていて感じてましたが、その甲斐あって人生の一大イベントとして完璧なものでしたな。
正直なところ今の自分じゃ到底できないなと思いましたよ。
結婚という覚悟をコアとしてその上に飾られる式という一種のお化粧を施すことでより一層愛情が深まることになるんでしょう。彼のお嫁さんは本当に幸せな人です。
同時に自分に対して情けなくも感じたり、不安も感じたり、両親が生きているうちに孫の顔を見せたいとも少しは感じたりと心境の変化を誘われたりも。

なんといいますか、この先色々と困難が待ちかまえていようが結婚したいと思わせる大きな因子が結局のところ「安心感」であったり、「居心地の良さ」なのかなと思ったりしたわけです。
昨今結婚しない男性が増えているとネットやマスコミらが報道してますが、そんなことぶっちゃけどうでも良い。
結婚はneedでもなければmustでもない。
土台はあくまでwantなのだ。
したいと思えばすれば良い。したくなければしない方が良い。
ただ、結婚したくない派がしたい派に変わるきっかけが何なのか、結婚しない(できない)男性はそこに興味があるはずなのだ(俺だけ?w)

思えば中学二年の頃、道徳の授業で自分は「将来幸せな家庭を築きたい!」と何のためらいもなく言っていた。それを聞いた学年トップの友人から深く感嘆した様子で「…偉いなぁおまえ」と言われたのを今でも覚えているが、そのときはなぜそんな当たり前の事に驚くのだろうと不思議に思ったものだ。
当時はそれが純粋な気持ちだったのか…今ではとてもそんな堂々と発言できない自分がただただ悔しいです。

そんな中別の友人が先日パパになったと聞きますます気持ちに追い打ちをかけられました!
いよいよ身近な生命の誕生です。まだ話しか聞いてないので本物見たら余計に感慨深くなりそう。
自分の赤ちゃんとか、そりゃもう考えただけで手に雲をつかむような話ですよ。
いつかはそういう時が来るんだろうと思ってたらいつの間にかこんな歳になってて、仕舞いには一生独身貴族かもと思ってる間にもこうして知り合いの子孫が誕生していることを考えると何とも妙な気持ちにならざるを得ないわけですよ。…偉いなぁ~…
いやでもほんと結婚といい赤ちゃんといい周りにめでたい事続きで久々に?ポジティブな気持ちにさせてもらいました!

そういう自分は今週土曜はお茶会と弦楽四重奏のコラボという異例の企画にチャレンジすることで自分の中のクリエイティビティを触発させておりまだまだ家庭をクリエイトするには至っておりませぬ。(スタート地点にすらいないw)

Comments

>結婚という覚悟をコアとしてその上に飾られる式という一種のお化粧を施す

ええこと言うな~
せっかく学生の時に結婚するんやから、今しかできんことやろうとした結果があれですわ。
ご協力感謝!!

茶席の件今日中に決めるから一応何時からやったか教えて~

いやいやほんとにご立派です!
さすがやることが違うわ~かなり参考になりました(笑)実践はまだまだでしょうけど(ぼそり

結局一緒にお茶できなくて残念です(><。
ワクワクしながら次回の連絡待ってますんで!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kinzaemon.blog37.fc2.com/tb.php/261-fd7f6777

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。