スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持病について考察 

先日MusikSiestaの団内発表会後飲み会で少し話題が出ましたが、自身のやっかいな持病について少し考察してみます。
持病というのは既に知ってる方もいるかと思いますが、「低音性突発性難聴」(だと思われる)のことです。
最近では浜崎あゆみが左耳が一時的に聞こえなくなり、その後回復したとニュースでも報じられてましたがおそらく同じ病と考えられます。
そう、なんとこの病、特に音楽家に多いらしく左耳の低音が聞こえづらくなるというのが共通してます。
なぜ発症するのか未だ解明できておらず、厚労省では難病に指定されている神経系の病気です。

自分は基本的に入院経験もなく視力も抜群の健康体なんですが、この難聴だけが音楽を嗜むものとしては非常に不愉快極まりないのです。
発症したのはおそらく中学の頃で、症状として明らかに現れたのは高校の頃でした。
始めは左耳から入ってくる音が右耳からの音と少し音程が違うという程度の症状で、耳の中の気圧がおかしいんだろうと軽い気持ちで考えてました。
しかし高校2年になると、その症状は悪化し一ヶ月近く左の低音が全く聞こえないという事態に。
急いで耳鼻科に行きましたが、そこでの診断結果は「メニエール病」でした。
いわゆる神経病で、ストレスによる発症だろうと告げられました。一時的に治っても、完治の方法はなくまた繰り返されるだろうと言われショックでしたが、その通りそれから8年経った今でも半年に一回は発症しています。
ただ後々調べた結果、メニエール病はめまいを主に引き起こすもので、そうでないものは「低音性難聴」として区別されるようです。めまいはあまり起こらないので自分は後者の可能性が強いと思われます。(再び調べたらメニエールの一種という話も…)

確かに突然発症するのですが、その前兆のようなもの、発症する条件が徐々にわかってきました。
・季節の変わり目(夏→秋、冬→春)は発症しやすい(花粉症の影響?)
・ジャンプすると左耳に水がたまってるような音がするとき
・忙しい事が続いてそれらが片づいた翌日(テスト後、定演後、就活終了後など)
・イヤホンの音を比較的大きくして聴いた翌日
・夜更かしして寝過ぎて昼まで寝た時
・必ず寝ている間に発症

あくまで経験から得たものですが、暖かい日が続いた後に突然寒い日がくると発症確率はグンと上がるような気がします。これが特に秋や春に多いのです。

次に水がたまる感触については蝸牛性内リンパ水腫が出来る前兆だと考えられます。こいつが出来てしまうと耳の内側から圧迫感を感じ発症する確率がグンと上がります。
気休めに過ぎないでしょうが私はこんなときすぐ水気を取るようにして”何か(リンパ液?)”を薄めるようにしてます(笑)でもこれを実践してからは何となく発症する確率が減ったかも…

そしてテストなどの忙しい行事が終わった後に発症するパターン。
これがおそらく「ストレス」に当たるものと思われます。私の場合テスト中や本番前は余計なことを考えず短期的に集中するのでストレスは二の次という考え方なのですが、それが過ぎると一気に倦怠感に襲われます。何もないことが私にとってはストレスなんですね。こういう時はとにかく発症しやすいです。でもこれは避ける術がない…

後意外と核心的なのが、大音量での音楽視聴です。特にイヤホン。
いわゆる「iP○d難聴」と呼ばれるやつですな(^^;)大音量で聞くと耳の神経がいかれて難聴になるから音量は小さめにしましょうと。
しかしクラシックは特に音の大小が激しいですから、なかなか制御できるもんじゃあありません。
常にボリュームを握って大きくなったら小さくして、小さくなったら大きくする作業をするだけでストレスになります(笑)でも難聴になったら元も子もない…
イヤホンやヘッドホンを日常的に使ってる人はやはり難聴になりやすいようなので皆さん本当に気を付けてください。

夜更かし後の発症は倦怠感とリンクしてますな。昼間に起きることほどだるいことはありません。
なるべく早寝早起きが良いのでしょう。でもなかなか守れない。自業自得。
そう後悔しつつ寝るのでそれが再びストレスとなって発症するという魔のスパイラル。
完治する日は来るのだろうか…

とにもかくにもこの病気と一生付き合っていきたくはないので自分なりに短期の回復方法を書いてみます。参考にすらならないと思いますが同じ病で悩んでる方がいましたら一度はチャレンジしてみて下さい。

まず予防策は以下の通り。
・とにかく早寝早起き!
・イヤホンはあまり使わない!
・寝る前にコップ一杯の水気を取る!


それでも発症してしまった場合は、
・一番リラックスした状態で仮眠を取る!(電車の中での睡眠などが意外と効果的。特に阪急w)
・チョコレートなど甘いものを取る!
・口を開けて良く喋る!
・発症している事を意識しない!(意識すると余計ストレス)


色々書きましたが結局は一番下の「持病を意識しないこと」が効果的だと思います。
気が付けば治ってたということが多いのです。
ただこれで完治というわけではなく間違いなく繰り返されます。
一刻も早く有効な回復手段を見つけて頂きたいものです。>優秀なお医者様方へ

Comments

しらなんだ・・・。
たいへんやねぇ。

症状悪い状態でカラオケとか行くとそりゃもう最悪ですよw
何か良い特効薬でもあれば良いんだけど…

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kinzaemon.blog37.fc2.com/tb.php/238-7777a4ea

【内リンパ水腫】についてブログで検索すると…

内リンパ水腫 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
  • [2008/05/29 07:12]
  • URL |
  • 病名・病気・医学のブログリンク集 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。