スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿お疲れ様でしたー 

最後の和邇合宿でしたが未練なく終えることができましたw
さすがに四年目となるとむこうでの生活も慣れましたね。毎朝練習ギリギリに起こしてくれた後輩達には感謝ですm(__;)m
しかし今回の合宿はこれまでにない予想外な出来事が多かったように思えます。
ベタなプロコのロミジュリに始まり、後藤先生のgottiシャツ着衣事件wまさかご本人にgottiシャツを着てくれるとは思いませんでした(涙)!制作者としては限りなく光栄なことです。勝手にネタにしてすいませんでした!
あと四回オケの時に「感動的なMC」を頼まれていたんですけど、どうやら私は感動よりもウケを狙ってしまったようで周りからは不評でした…w
感動するポイントは「再びこのシャツを着て何年か後に和邇に集まれたら良いですね」という所だったんですけど、「そんなんあり得ないやん」の一言で普通にスルーされてしまいました(;_;)持っていき方が悪かったんですな。追いコンの時も同じ結果に陥りそうですが。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
んで無事に帰ってきたら合宿前に注文してたCDが届いてました。
ラフ3

ラフマニノフ:交響曲第3番(AA)
マリス・ヤンソンス×サンクト・ペテルブルクフィルのラフマニノフ交響曲3番と交響的舞曲です。
2曲とも晩年のラフマニノフがロシア革命から逃れてアメリカに渡った時期に完成させた曲ですが、3番は3楽章構成で2楽章が特に気に入りました。ファンタジックかつ情熱的で洗練された音楽に思えます。追いコンでやってみたい曲候補ですね、まぁ練習期間考えたら無理でしょうけど(^^;)
交響的舞曲も初めて聴きましたが、これは素直に格好いい!!まさにゲーム音楽(ぉ どこかで聴いたことあるな~と思ったらFF12のサントラに同じようなのが…w 吹奏楽ではよく演奏されるみたいですね。
元々バレエ曲として作られたものらしいですが演出家が亡くなってお蔵入りになったラフマニノフ最後のオケ曲とのこと。
このCDは演奏も音圧も凄いので1300円はお買い得です。今度は交響詩『死の島』も聴きたいところ。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kinzaemon.blog37.fc2.com/tb.php/114-0b9c04a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。