スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大改造 

先日暴れて部屋の照明を壊してしまったのでここは思い切ってシーリングライトを導入しようと思ったわけです。
思い立ったが吉日、早速ヨドバシで下見をして気に入ったNationalのシーリングライトをソフマップで購入しました。

…が!!

なんと照明取り付け口が我が家の場合古すぎてうまくアダプタがつけれないという致命的な問題に直面!!
部屋のは電源端子が露出しているタイプで、電気工事士免許を持ってない私にはどうすることもできないので仕方なく駅前の電気屋に頼んで改造してもらいました。

照明
んで無事取り付け完了。
なんとも不思議な感じで天井が異様に高くなったのが嬉しい!
これで思い切り暴れても壊すことはないはず!
誰か遊びに来て!(笑)

(注)サオブチ天井には普通シーリング型はつけてはいけません!!

スポンサーサイト

おすすめプロジェクター 

最近プロジェクターが急激に普及しているみたいですね。
これもPS3の登場や地デジ放送の普及が要因なのでしょうか。
大型液晶テレビも安くはなってきてますが、まだまだ安くて15万はするので学生にとっては高い買い物には違いありません。
プロジェクターは60インチ~120インチの巨大サイズを比較的安価で映写できるので学生(特に男性)にはウケがいいのです。

そこで今回は学生でも手の届く安価かつ高性能プロジェクターを紹介します。

まずはBenQのMP510
mp510
解像度がSVGA(800*600)と、DVDを見るのがメインで、たまにPS2をプレイするぐらいなら充分すぎるスペックにも関わらず、お値段なんと5万円台後半で購入できるお買い得プロジェクター。
しかもDLPプロジェクターという方式なので、液晶プロジェクターよりもコントラストが高く、パネルが長寿命なので末永く使えます。

この一つ上の機種にMP611cというのがあります。
mp611c
これは新製品でMP510と解像度は同じですが、付加機能が多いです。
今なら60インチスクリーンが付いて79800円が平均価格となっているようなので、MP510よりはオススメできるかも。

さらに一つ上の機種に、W100というのがあります。
w100
これはパネルの解像度が720*480というワイドタイプのものが採用されているので、DVDの映像をそのまま16:9で表示することができます。
さらに接続端子にはHDCPに対応したDVI端子がついているので、パソコンからの映像を綺麗に表示することができたり(パソコンのグラフィックボードにDVI端子がある場合)、PS3などのHDMI機器が接続可能です。
いわゆるホームシアター用のプロジェクターですが、値段は89800円とこれも10万を切る低価格で評判が高いです。価格.comでは現時点で7万円台!

ここまで紹介したのはいわゆるSDプロジェクターで、ハイビジョン対応ではありません。今後普及するであろうBDやHD-DVDなどの次世代DVDや、PS3などのハイビジョン対応ゲームをプロジェクターで楽しみたい場合は、やはりHDMI端子を備えたハイビジョンプロジェクターが理想的なのです。
その中でも特に安いのがBenQのPE7700と、私も愛用している三菱のLVP-HC1100という機種。
pe7700
hc1100_
両機種ともDLP方式で、解像度が1280*720もあるハイビジョンパネルを採用しているにも関わらず、値段が10万円前後!
一年前なら間違いなく30万はしていたのが最近途端に安くなり、どこも品切れ状態が続いているという人気商品です。
とにかく画面が綺麗で、HDMI端子も備えているので将来性があります。
PS3との相性は抜群!
ただ、注意しなければならないのは設置性の悪さです!!
低価格DLPプロジェクターは安いが故、レンズの仕組みが簡略化されており、レンズシフトなどの機構がないのでスクリーンの設置場所が限られてしまいます。なので、一度部屋の条件とプロジェクターの置き場所をよく考えてから購入しないと大変なことになりかねません!
幸い私の部屋は好条件が重なり6畳間でも80インチを映写することができてます(^^;

そんな設置性の悪いプロジェクターは面倒だ!って方には、液晶プロジェクターをおすすめします。
液晶プロジェクターはDLP方式に比べてコントラストが若干低かったり、長時間使用すると液晶パネルが劣化するという短所がありますが、レンズシフト機構が大抵の場合備えられているので、どんな場所にも設置しやすいという利点があります。
スクリーンの真ん前にプロジェクターがなくても写せたり、スクリーン間距離が3mでも100インチ映写することができます。
その中でも人気なのがパナソニックのTH-AX100とか、サンヨーの LP-Z5、そしてエプソンのdreamio EMP-TW700です。
thax100
lpz5
tw700
これらはすべてハイビジョン対応で、使用パネルも同じものを利用しており、性能も似たり寄ったりなので、後はデザインなど好みの問題です。

ハイビジョンじゃなくても良い!って方にはDVDプレイヤーとスピーカーを内蔵した一体型のエプソンdreamio EMP-TWD3SPがオススメです。
dreamio
スクリーンも付属して11万台なのでお手軽ホームシアターが作れます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんなこんなで一挙に今時のプロジェクターを紹介しましたが、最後に気を付けなければならないのはスクリーン代とランプ寿命です!
ちゃんとしたスクリーンは意外と値が張ります。大体60~100インチで15000~30000円はします。電動式になるとスクリーンだけで10万はします(笑)
でも部屋の壁が真っ白だったり、特に画質にこだわらないのであれば、スクリーンが不要だという方もいるでしょう。中には布団のシーツを広げて使っている人もいるぐらいです(^^;
そしてランプ寿命。これはプロジェクターの宿命で、現時点の平均寿命は大体2500時間とかです。一日に2時間使用するとして、3~4年はもつと思われますが、ゲームになんか使ってしまうと一日5時間とか普通になってしまい、一年半もたつと寿命がくるなんてことがあります。
問題はこのランプ代で、一個2万~3万はします。
液晶テレビより大画面で、安く手に入るけど、ランコストを考えると液晶テレビのほうが結果的に安かったりするわけです。
しかしプロジェクターのもつ迫力感を経験してしまうと、32インチとか37インチとかどこが大画面なんだと疑いたくなること間違いなし。
80インチもあればどんなB級映画でもたちまち名作に見えるから不思議!

<おまけ>
最近主流になってきた、いわゆるフルスペックハイビジョン対応のプロジェクターを一応紹介します。これは解像度1920*1080ドットという高精細パネルを搭載したもので、安くなってきたとはいえ、一番安いものでも30万前後はします…しかし高いだけあって画質は最強で、とにかく木目が細かく写真を見てるような錯覚に陥ります。
今後ますます安くなってくると思いますが、現時点でマニアの間で売れている機種はVitorのDLA-HD1という代物。
hd1
実際の映像は見たことありませんが、色々凄いみたいです。お値段も凄いですが(汗
ここまでくると使うスクリーンもオーダーメイドとかになってくるんでしょうかね。学生は知らなくて良い世界…

レイトショー 

今日はナビオのレイトショーに行ってきました。
見た映画はネットでも評判が良かった「デジャヴ」ってやつです。
コンセプトは「バタフライエフェクト」みたいな感じだけど、
最後の最後まで結末が予想できないという点で飽きずに楽しめました。
レイトショーは安いし、何より平日は人少ないのでオススメですな!
1人で見に行っても全然違和感ないし

プロジェクター+5.1chサラウンド環境導入後、すっかり映画フリークになってしまいましたが、本場の映画館はやっぱり音響が良い…(防音室欲しい…!!)
でも以外と邦画は未だに2chが多いのでビックリ。まぁアクションもの少ないから必要ないんでしょうけど。
あと邦画と洋画を見比べてみると一目瞭然ですが、日本のCG技術は本当に安っぽい!(涙)
デジタルアニメの技術は優れているのに、なぜに実写映画になるとこうもわざとらしいCGになってしまうのだろう。乗り物・爆発・エフェクトなど、どれをとっても実写と融合させた途端全体のクオリティがダウンしているように思える。
今日見た「デジャヴ」でも至る所にCGは使われていたが、どれも緻密でクールなものばかり。決して不自然ではなく、巧いこと”現実”に溶け込んでいる。つまりその辺りのこだわり具合が日本と海外では段違いなのだ。日本人はCGをCGとして扱うが、欧米人はCGを"実物の代わり"になるまであらゆる技術を駆使する。日本人は几帳面なはずなのに、何故かこの分野は弱い。

こういった傾向はゲーム業界でも起きていて、欧米では映画クオリティのゲームが続々とXboxやPSで開発・流通されているのに対し、日本はDSやWiiが流行ってしまいミニゲームや教育ゲームのような映像・音響クオリティを必要としないものばかりが開発されるようになってしまった。
唯一海外の映像クオリティに追いつけるメーカーはスクエニやカプコンなど限られた大手になってしまい、日本と海外の技術格差は広まるばかりである。
ハリウッドレベルとまでは言わないが、もう少し日本の映像技術レベルアップを望みたいところ。頑張れ日本のクリエイター!

Wiiの功罪 

最近あまりに運動してないので我が家唯一のトレーニンググッズ「Wiiスポーツ」やってたわけですよ。
お気に入りはやっぱテニスってことで、熟練度を上げるためもくもくと1人で右手をぶんぶん振ってる姿は正直あまり見られたくないのだが、スマッシュボールを打とうとついつい力が入ってしまうのがこのゲームのにくいところ。

そんなある日、事件は突然起きた…

スマッーーーシュ!!
スマーッシュ!


がしゃん!!



続きを読む

みんなのGOLF5 

いやー髪切っちゃいました。ちょうど良い長さになるまであと1ヶ月くらいかな…

ところで昨日PS3用ソフト「みんなのGOLF5」の体験版がPSストアで配信されたので、さっき少し遊んでみました。
みんゴル5
みんゴルシリーズはPS2の4しかしたことないですが、
そこまでグラフィック重視というわけでもなかったので今回の進化には正直驚き!
ジャスミンがかわいい
この体験版では2人用が可能なんで弟と対戦してみましたが見事惨敗。。。
製品版ではオンライン対戦ができるか期待。
トロとクロの紹介

ついでに久々にWiiをプレイしました。ソフトはあの「ファイアーエムブレム」の最新作!
(といってもシミュレーション苦手の自分には向かないので専らWiiスポーツしかしてないのが現状…)
久々のWii
う~んやっぱりPS3やXbox360のハイビジョン画質に慣れるとWiiのグラフィックは粗く見えるなぁ…
こりゃもしかしたら3年以内に任天堂からハイビジョン対応の新ハードが出るかもしれませんね。

結婚できない男 

先日追いコン三次会でまこっちゃんがおもしろいと言っていた「結婚できない男」を借りてみました。
阿部寛がラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲を口ずさんでパソコンしてる姿が特に自分の行く末を暗示してるようで一人にやにやしながらコーヒー片手に見ております。こういう人やっぱり増えてるんでしょうかね…
阿部寛は渋い

料理とかそろそろ覚えなきゃな~一人暮らしの準備を少しずつしないと…

春休み 

いやはや追いコンも終わりとうとう華々しかったサークル活動、素晴らしき仲間、かわいい後輩達との別れが来てしまいました。ここまで全うすることができたのもみんなのおかげ、そして長い間支えてくれた1人の女性のおかげです。すべての人にありがとう!

FFオケの反響が予想以上で嬉しかったですね。
実は本番3日前はまったく映像素材もなく、仕舞いには演奏中に裏でプレイしてる映像を見せようとも思ってました(マジ話)。
しかしそこは有川氏の並々ならぬ執念に押され、残り2日でなんとか形にすることができました(笑)人間やれば出来るもんです。
映像と音楽の見事なシンクロ率も下田氏のセンスが実現したものです。
思えば昔、自作映画をいつか映画館で流したいという願望がありました。今回は完全オリジナルというわけではないですが、それに近いことをさせてもらえてまた新しい創作を経験することができました。
また機会があれば再びチャレンジしてみたいですね。

・おまけ「映像はこうした作られた」

ff_hensyu
基本的に映像編集はすべて「After Effect」というツールで行いました。こういう時デュアルディスプレイはホントに便利。メモリがもっと多ければ…素材はYouTubeから抜粋。これが一番時間かかったり(笑)

plot
なんともお粗末なプロット表(笑)追いコンで頂いたプレゼントでもやしくんを作ったので一緒に撮影。

ff_kansei
完成後は実際にプロジェクターに映して音源とあわせて再生チェック。
一部処理落ちするシーンは何度レンダリングしても同じようになりました…ここらへんはPCのスペック次第なんでしょうな。

以上、制作の流れでした。

ところで来演の冬定演本指揮がとうとうあの金○教ですか!?
つい先日「この胸いっぱいの愛を」という映画をDVDで見たところですよ(金氏はおいしいところで出演)。Yahooニュースでも新婚生活はうまくいってると報道されてましたが、本指揮飲みがあれば是非ともその辺り伺いたいところです(ぇ
あと関係ないですがこの映画主演の伊藤英明氏の「海猿」も2作続けて見ちゃいました。最近の邦画はほんとに面白いですな~ツタヤで邦画ばっか借りてますよ(笑)

久々の学館 

いやはや楽器を一ヶ月も弾かないと体ががちがちになりますな。
昨日は久々の学館練習で感を取り戻してました。
とにかくアンサンブルの楽しさを思う存分実感できて充実した一日でしたよ。
ってさらってない人が言うセリフじゃないか…

その後家に帰ってからはひたすら部屋の改装に励んでました。
ここ数ヶ月色々変えてますが今回はとうとうスチールラックを導入!
スチールラック

ようやくプロジェクターを安定して疑似天吊りできるようになりました。
このために直径4mmのネジとワッシャーを近くの工具店に行って購入。
ワッシャーは人の良い店主さんによるオーダーメイド仕様!w
なのに工具代は全部で100円!田舎に住んでて良かったと思える瞬間でした。
こうしてニート養成所が着々と完成しつつ…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。