スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生に正解なし 

 なにやら私の高校時代の友人がSCE(ソニーコンピュータエンターテインメント)に内々定したらしいです。
 彼は大学受験現役時代に同じ予備校に通うも、なぜか日本を抜け出してアメリカのテキサス大に行くことになり、親の反対を押し切り電気工学を専攻したチャレンジャーな人間でした。彼は当時からゲーム機が作りたいと言っていたので、その夢がこれから叶えられるのでしょうか。

 その話を聞いて私はこう思ったわけです。
 「人生に正解はない」と。

 当時他の友人は皆そろって「彼は失敗するだろう」と思っていたわけです(ぉ
 日本の大学を出たほうが良き人生を過ごせる。大学生活が安定している。親に迷惑かけるなんてとんでもない。それが無難な道だ。これが我々他の人間の考えだったのです。

 今、周りの意見に流されず我が道を貫き、職を手に入れた彼を見て、私はうらやましいと思う限りであります。結局日本の大学にいても何の夢も持てぬまま、ただなんとなく遊んで過ごしているのでは何もおもしろくない。だからこそ今、この何も無い時期に我々は本当の夢を探すべきではなかろうか、周囲に流されるまま生きていくのではなく、自ら行動し、積極的に新境地を開拓していくのが今の大学生には必要ではなかろうか、と思うのでした。
 
 我々学生ごときに何ができるのかと考えるのではなく、とにかくやりたいことをやってみる、行動してみる、そのための時間を惜しまないのが理想的なのでしょうか。院試勉強のストレスがさらにその考えを助長しているのかも…

スポンサーサイト

世界の巨匠ミシェル・アリニョンと日本の新進クラリネット奏者達 

 私の実弟が今長野の軽井沢で世界的クラリネット奏者(らしい)ミシェル・アリニョンのレッスンを受けるという長期合宿に行っております。
 明日の26日にブログタイトルのコンサートが県内の美術館で行われ、その合宿のレッスン生で先生に認められた人はそのコンサートで演奏することができるらしいのです。レッスン生は芸大や音大出身の若きクラリネット奏者が20名ほどで、5人が選ばれるらしいのですが、なんと弟がそのうちの1人に入ってしまったのだとか。普段は女たらしな上家で引きこもりがちなのに、いざやってみると出来る男なのでしょう。

 しかしさすが兄弟。合宿帰りは秋葉原に寄るそうです(´・3・)

旧友巡り 

今日は12年ぶりにFINEと会いました!大人の10年よりも子供の頃の10年はほんとに大きい。しかし久々に会ったにもかかわらず顔立ちは変わらずすぐに馴染んでしまいましたw

色々な話をして懐かしんでいたけども、その場の流れで旧友巡りをすることに!?
かつて私が石橋に住んでいた頃の友人を訪ねていくのは面白く、家を訪れる毎にワクワクしていきました。が、こりゃ恥ずかしくて1人ではとてもできませんw 終わってからいろいろと恥ずかしくなりました(^^;)
でもこんなこと多分この学生時代にしかできないんでしょうね。ほんとに貴重な時間でした。

中でも大きな成果はあの「愛ちゃん」の家に行けたこと!幼稚園の頃の願いが17年の時を経て実現できました!しかし当の本人は偶然外出で会えず!他の旧友もほとんどが就職してていなかったです(^^;)一年前に行ってたらもっといろんな人と会えたかもしれません。

FINE付き合ってくれてほんまにありがとう!!

そして新たな道へ 

定演もおわり、一段落しましたね。

そして最終落ちました。

今まで協力、応援してくれた方々に心より感謝しています。
本当にありがとう!!

まぁ結局もっと社会勉強してこいってことなんでしょうね(^^;)
理系なんでやっぱり大学院行くことにします。
今の自分に足りないのは学問と知識でしょう。今回の失敗から焦らず、ゆっくり進路を考える良い機会ができました。

これから一ヶ月勉強するだけで新しい道が開けるんだから必死になってやってみたいと思います!

最終終わった! 

無事?最終面接終えてきました。
部屋はこれまでと違い、初めてエレベーターを使い本社二階のこれまた広い部屋でした。しかも面接官が合計4人。うち1人が予想通りの人事部長(この人)と技術の偉い人2人、人事の若い人1人でした。内容は意志確認どころか、3回中で最も濃く、特技や研究、アイデアなどあらゆる分野について聞かれました。

しかし極めつけは他社の選考状況についての話題です。

ジャック「御社しか受けておりません」
(色々やりとりがあった後)
部長「そんなに人生うまくいくかな~(ニヤニヤ)」

…さぁ、この反応が吉とでるか凶とでるか(汗)

控え室ではまだ見たことのない人が二人いましたが、やはり皆さん院生でした。学部は残ってないのかな~…面接後に感想と簡易健康調査表を書かされましたが、ここまでさせるんだったら健康診断まで行かせてください!お願い!

こんなにのんびりしてていいものか… 

冬定演の中プロがロメジュリに決まりましたね。
またチャイコがくるとは思わなかったですよ。オケ生活最後の定演は濃厚なプログラムになりそうです。

ところで先ほど任○堂の先輩からメールが来まして、こんなご忠告を頂きました。

「三次面接でも、バッサリ人数が削られるという本当か嘘か、そんな話を聞きました。」

と…orz

最終だと意識せず、とにかく自然体で臨むのが一番みたいです。
相変わらず独り言面接シミュレーションをしているわけですが独り言が癖にならないよう気を付けなければ(笑)

え?院試勉強?そんなもんできるわけ(略)

神は見捨ててなかった!! 

なんとまぁ…
二次面接通過しました!

来週はとうとう最・終・面・接!!
半ば諦めていただけにかなりの感動です!
鬼門の二次を超えたのであとは会社との相性確認でしょう。
思えば4月の就職決意表明から早3ヶ月、ひたすら一途にこの会社を研究し、OBさんと話し合い、地道に頑張ってきた甲斐がありました。

最後まで油断せず、志望動機をじっくり固めれば内々定はすぐそこだ!!

まだマダっ…! 

 まだ「みん就」でも連絡きた人がいないっぽい。これは締め切りギリギリまで可能性があることを示しているのか…?!二次面接超えれば実質内定したも同然なのだが、やはり厳しいのだろうか。
ぼちぼち院試勉強覚悟したほうがいいのかもね。

続きを読む

何も手につかない… 

面接から二日後、まだかまだかとずっとケータイ見てますが連絡来ず…おかげで何もするきが起きません(ーー;)とりあえず10日まで連絡とは言われてますが今日か明日には来ないと実質選考落ちでしょう。落ちた途端に院試モードに切り替え。悪夢だ!!

やれることはやった2~病み上がりの面接~ 

昨日はなぜかリンパ線が腫れ熱出して本指揮でれませんでしたm(__;)mすんません…ストレスかな~これ…今朝はバファリン飲んでなんとかやってます。

そのストレスの種である二次面接に先ほど行って参りました。
控え室には6人の席が。午前の部を合わせて全部で10人前後でしょうか、実質二倍の競争率だと思われます。これまで経験したことない不安な気持ちと緊張感を味わいつつ面接にのぞみました。

内容は研究のことや、Wiiに関すること、専門的な開発・生産技術の仕事に関することで、雰囲気は一次面接と同じ感じでしたが、面接部屋が豪華になってました(^^;)始めは所々わけのわからないと思われる解答をしたものの、すべての質問には答え、自己アピールしまくりました。やっぱり面接は自分の話しやすい話題に持って行くのがポイントですね。いろいろとインパクトは与えられたのではないかと。これで落ちたら本当にご縁がなかったと思えるくらい悔いのない面接でした(^^;)
あ~受かって欲しい~…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。