スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8年前に見るデザインの原点 

ふとPCをあさっていると昔作った作品に出会うことが多々ある。
そんな中初めて幾何学図形をメインにしたデザインがあった。

中学高校の頃に所属していた「物理部」の文化祭用冊子、その名も「Einstein」の表紙!
よくもまぁ残っていたものである。


einstein2000


einstein2

これを作ったのは2000年で、Y2Kという言葉が流行したITバブル時代。
当時物理部は学内でも最先端のPC環境を誇り、やれPentiumⅡだやれK6だとスペック争いをしていた最中、自分は淡々とコンピュータグラフィクスに精を出してたものです。
今見るとPhotoshopの有名なフィルタがそのまま使われてたり何とも中2病全開なデザインセンスですが、こういうの嫌いじゃありません(自分で言うか)。
テクノロジーを表現するサイバー感が素直に描かれてる作品として個人的には印象深く残ってます。
この頃はまさかこの歳になって演奏会の広告デザインしてるとか思ってもなかったでしょうw

昔からSF感のあるデザインは好きですな。
projectedc
ちなみにこれは当時運営していた個人サイトのタイトルイメージです。
どことなく無機質な感じが当時の自分の心の内を表してるようですねw

スポンサーサイト

とうとうepilogue 

およそ半年ぶりにタイトル画像を変更しました。
ちなみに前回のうにょうにょしていた不気味なイメージは当時の私の心情そのものでしたw

さて、今回のタイトルは「エピローグ」です。
懐かしさ半分恥ずかしさ半分の初期~中期の作品を中心に、過去を振り替えるといった感じです。
かれこれJACK STYLE開始からおよそ6年が経ちましたが、そろそろ次に向かう時が近づいているのかもしれません。新たな創作活動の場を求める時が...

Jack's History Collection 第三回 【秋山尚樹時代】 

忘れたころにやってくるJack's History Collection第三回目は私が「秋山尚樹」というHNで活動していた頃についてです。
初めてネットにデビューした頃は本名をただ片仮名にしたものでしたが、そのうち恥ずかしくなって改名したのが「秋山尚樹」。
主に自作CG、自作曲の公開をメインに、「XEVEX(ゼーベックス)」というサークルネームでホームページを立てておりました。
中3の頃に開始し、大学1年で閉鎖してしまいましたが、同人系サイトとの交流は結構あったりして、今ではすっかり業界で有名になってしまわれた声優兼歌手の園田ま○る嬢が自分のキャラの声を当ててくれたり、某ゲームメーカーのグラフィッカーの方々と交流したりと、今思えば今よりも生き生きしてた時代が「秋山尚樹時代」なのです。

※以下、JACKとしてのイメージが崩れる恐れがあるので本当に興味のある人だけご覧下さいw

続きを読む

JACK's History Collection 第2回 

過酷な合宿がようやく終わり再び風邪気味でバファリンを飲んだJACKです。1回生が若すぎておじさんはもう必要ないのかなと実感した残り少ない合宿でしたとさ。

さて、突然のJACK's Hsitory Collection第2回目は高校2年の時に作ったゲーム紹介です!当時はゲームが作りたくて仕方なかった男子校生でした。キャラクター、音楽、シナリオ、プログラム、すべてを1人で作ってネット配信しようという無謀きわまりない創作活動に励んだ1年半でしたが、結局体験版を配信してサイトを閉鎖してしまいすっかり黒歴史となってしまいました。

作っていたのはは「DELTA」というコマンド式アドベンチャーゲームで、ノベルゲームに近いものがありました。とりあえず当時作った宣伝用のイラストがこちら↓
delta


うわー恥ずかし!ついでにゲーム画面はこちら↓
game gamen


世界観は近未来の日本でサイバーテロがどうのこうのとか、そんな話でした。また、このゲームのために作った曲は100曲を超え、しかもほとんどがmidiデータなのでとてもすべてをアップすることはできませんが一部分を紹介しましょう。

1:menu (メニューテーマ)
2:battle (戦闘曲その1)
3:night (夜のテーマ)
4:cyber-zone (?)
5:emotion (DELTAテーマ)
6:elle (異世界編テーマ)
7:elle2 (異世界編フィールド曲)
8:delta soul (体験版デモ曲)
9:sample (未完成オープニング曲)
10:digimine (スタッフロール曲)

当時は1日1曲のペースでBGMばかり作ってましたが今考えると実にもったいない時間の使い方をしていました。こんなことばっかり部屋でしてたもんだから彼女もできなかったんですね。

新コーナー「JACK's History Collection」第一回 

2兎を追うものは1兎も得ず
この言葉を最近気にかけております(ーー;)

まぁそれは良いとして、突如新コーナーです。
その名も「JACK's History Colection」!誰も知らない中学・高校時代の私が創作したあらゆるものを復活させようという無駄プロジェクトです。

記念すべき第一回目は「高校1年の頃作ったゲーム音楽」です。
時は1999年、世紀末の文化祭で所属していた物理部が作っていたのは疑似3Dダンジョンゲームでした。後輩がVisualBasicでプログラムを担当し、私はムービーと音楽を担当してました。
ゲームタイトルは「ゲイツのわんぱく大冒険」!
…まぁ内容はタイトルから察して頂ければ…

この時作った曲が
1:ダンジョンでの曲
2:戦闘曲
3:エンディングの曲
の3曲です。(クリックすれば聴けます)
ほんとうは他にもタイトル、ボス、ラスボスの曲があるのですがmidiデータしか残ってません。また時間あったら録音しておきます。

当時テクノやブレイクビーツ等の4つ打ちリズムが好きだったのでまずリズムから作って上にメロディのせていくのが主流でした。ループを中心としたものが多く、いかにもゲーム音楽っぽく仕上げました。
ちなみにこのときまだシンセサイザーなど外部音源をもっていなかったのですべてソフトウェアMIDIで作曲してました。VSC3.0というローランドのSC-88Proをエミュレートしたソフトです。TR-909等のリズム楽器が収録されており、当時は感動したものです。

次回は「高校2年の頃に作ったゲーム音楽」です。
ローランドのSC-8850という外部MIDI音源を導入し、音色が飛躍的にクオリティアップした後の曲が中心です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。